シミ取り体験談 おっさんが3週目で気づいた新事実! 中断します!

ハイドロキノントレチノインの3週目に入ったところで新事実が発覚しました。

 

とりあえずシミ消しのお薬塗り塗りは中断します!

 

何度か皮ムケを繰り返し、肌もツルツルしだしますが、シミは一向によくなる気配なし。

 

 

おっさん的にも効果が早く出て欲しいので色々調べていたわけです。

 

 

そこで、やはりトレチノイン0.025%では効果が出るにはだいぶ時間がかかりそうだと判断し、一般的に皮膚科で処方される0.1%に変更しようと決めました。

 

どうせ顔が赤くなったりするなら短期間で済ませたいなと。

 

 

しかし、問題はもっと根本的なところにありました。

 

 

皮膚科のホームページとかいろいろ見ていると…

 

 

シミじゃなかった!

 

 

なんという事でしょう。

おっさんの顔にあるシミと思っていたヤツはシミではなくイボに分類されるものでした。

 

そして、イボにトレチノインもハイドロキノンも効果なし!

 

 

脂漏性角化症

 

てっきりシミかと思っていたのですが、このシミが進行したものが脂漏性角化症というものです。

 

写真だとわかりにくいのですが見た目はシミですが少々盛り上がりがあるんです。

 

触ってみるとすぐわかりますね。

 

脂漏性角化症としての進行度はまだ初期のようですが、こうなるとトレチノインでは消せないんです。

 

治療法は主に4つ

 

  • 液体窒素
  • レーザー治療
  • 電気外科的治療
  • 外科手術

 

液体窒素と手術は保険適用ですが手術はかなり大きく成長してしまった場合のみ。

 

そうするとレーザーか液体窒素になるのですが、レーザーは保険適用外でかなり高額!

 

 

 

アクロコルドン

 

ちょっとわかりにくいので拡大しました。

 

脂漏性角化症ともう一つついでに発覚したのがアクロコルドンです。

 

なんだかウルトラマンの懐柔に出てきそうな名前ですが、これもイボの一種です。

 

首にこのポチポチが出来ていて、イボなのでトレチノインでは治療することができないのです。

 

 

アクロコルドンの治療法も脂漏性角化症と同じでレーザーか手術か液体窒素。

 

 

液体窒素にしてみます!

アクロコルドンと脂漏性角化症というイボに対して液体窒素で治療することに決めました。

 

最大の理由は安い!

 

液体窒素は保険も適用されて、1回あたりの治療が1000円程という安さ!

 

大きく成長してしまったヤツらはダメらしいのですが、調べてみたら37歳おっさんに生えたイボにはまだ液体窒素でなんとかなりそうです。

 

早めに気付いてよかったです。

 

これがだいぶでかくなるとレーザーか手術ですからね。

 

 

というわけでシミ取りの体験談は3週目をもって一時中断し、液体窒素体験談に切り替えます。

 

でも液体窒素で治療をするうえでトレチノインとハイドロキノンも役に立つんです。

 

詳しくはコチラの記事に書いておくので読んでみてくださいね!

 

 

おっさんの液体窒素体験 その1